高速・高精度な穴加工を“全自動(フルオート): K4HL : Sodick Japan

株式会社ソディック
2021-03-08
異なる径の穴を、高速・高精度・高品位に、長時間連続で加工可能なリニアモータ駆動 超高速細穴放電加工機「K4HL」をご紹介します。 ※今回の動画で紹介しているK4HLは、オプションとしてAEF-C、ATC、LGC、2軸ロータリワークテーブル、測定プローブを装備した機械です。
10秒後に次の動画を再生

■K4HLについて

「K4HL」は、20年の実績とノウハウを培った、自社開発・製造のリニアモータをXYZの3軸全てに搭載した細穴放電加工機です。

近年の細穴放電加工機は、ワイヤ放電加工でのスタートホールを開けるなどの従来の用途に加えて、ドリルでは加工困難な細くて深い穴や、加工変質層が少ない穴、出口でバリの無い穴など、難易度の高い加工に対するニーズが高まっています。
K4HLでは、そういった難しい穴加工を全自動(フルオート)で行うことが可能な機械で、タービンブレードなどをはじめとする航空宇宙・エネルギ産業や、自動車産業、医療機器、電機・電子産業など、様々な分野での需要に応えます。

K4HLは、コロナ禍の影響を受けてますます加速する自動化ニーズに対して柔軟に対応する、ハイスペックでかつ汎用性に優れた新製品です。
関連動画