基礎から学ぶ三次元座標測定機01 〜触れられるものは何でも測れる「万能測定機」〜

株式会社テクトレージ
2021-06-08
職人の手によって一つひとつ手作りしていた時代から、ロット生産が当たり前の時代に移り変わったことで、寸法管理をしなければならなくなりました。1960年、イギリスで生まれた三次元測定機がモデルとなり、69年には東京精密の手により初めての国産機が誕生します。本動画では、そんな三次元測定機が歩んできた歴史を紐解き、どんな機能を有した機械なのかを詳しく解説します。
10秒後に次の動画を再生
関連動画